banner

お得に購入

中古車を値引き価格で、お得に購入する方法


中古車の値段は車の状態・販売店により様々です。しかし、値引きが見込めるお店では、交渉により実質数千~数万円程度、車を安く購入できることもあります。

中古車を1台購入すると、車本体の購入代金以外にも多くの費用がかかります。例えば、様々な手続きの代行費用が見積り書の中に記載されていますが、その中には個人でも意外と簡単にできる手続きがあります。そこで「自分でできる手続きを、自分でやる」ことで、購入代金を抑えられるのです。

また、「オプションを付けることで少し勉強してもらう」「アフターサービスを利用する条件で少し値引いてもらう」等、購入の条件を自分に合うように整える過程で価格を抑え、希望条件に合う中古車を結果的に安く購入できます。こうした条件の調整が、中古車購入の値引き交渉です。

条件さえ整えば車が売れますから、交渉は販売店にとって利益に繋がります。自分にとってもより満足度の高い中古車購入になりますから、「これがこうなら、購入したい」と思える点は、遠慮なく相談しましょう。例えば、ボディにへこみや傷があるので直せないか。見積もりの端数を削れないか等。購入する気持ちになれる点を思いつく限り出して、購入条件を整えます。

実際の交渉では、まず、正直に「この車をできるだけ安く購入したいので、どうすればいいか?」という点を販売員の方に相談して値引きの交渉を始めるのが大切です。紳士的な態度で接し、自分がどういう条件で購入したいのかを真面目に伝えることで、客観的な視点から、様々な値引き条件を提案してもらえます。

交渉に入る前に気を付けるべき事は、事前に複数の候補を用意しておくことです。「これしかない」と1車にこだわると、中古車の状態や条件が自分に合わないのに、焦って手を出してしまう恐れがあります。「この車が欲しい」と思える候補が複数あれば冷静な比較ができますから、失敗も生じにくくなります。

また、購入までの期間に余裕を持ち、粘り強く交渉することです。お目当ての車が売れてしまう事もありますが、自分が本当に欲しいと感じる車は、すぐにまた現れるものです。「数多くある候補の1つ」と考えながら交渉を進める間に知識も深まり、事前の調査でわかりにくかった点も体験を通じ理解しやすくなります。時期による値段変動で、交渉中に少し安くなる事もあります。

この様に、中古車の値段交渉は遠慮することはなく、簡単なものです。世に多くの中古車が出回っている以上、焦らずとも自分に合った条件のお得な車が見つかります。販売員の方に強引な交渉を迫ることはありません。

中古車は実用品ですから、乗り続けるのに良い条件で購入をするのが大切です。いざという時に保証が効かず、結果的に高くついた等の失敗が無いよう、値引きの際に各条件のメリットとデメリットを把握した上で交渉を進めることで、後々「買ってよかった」と思える中古車購入ができます。

Copyright(c) 2014 中古車をいい状態で購入するために、必要なことAll Rights Reserved.